おすすめ投稿

ミツオカのビュート、売却価格つかず

23歳離れた主人。
心臓も悪いこともあり、そろそろ運転もやめ、車を手放そうかということになりました。

あらゆるサイトから買い取り打診をしても、むしろ「廃車費用が…」と言われる始末でしたが、いわゆる「旧車ファン」の集まる修理屋さんにダメもとで問い合わせしました。
(一度修理でもお世話になったこともありましたが…)社長さんの即決で「5万!」とのこと。
中古車ではありましたが、主人が一目ぼれで購入したミツオカのビュート。

可愛がってきたので、値段はともあれ、その旧車ファンの集まるその会社さんでしたらきっと次のご主人が見つけられると信じてお渡ししました。
その気持ちを察してか、あまり「お別れの時間」は設けてくださいませんでした。
ヘンに「高く買い取り」を謳うところでしたら、車種や年式によっては「いいお車ですね」などと悲しさを誘うところなのでしょうが、その潔さに、逆に「お願いします!」と頭を下げて帰ってきました。

「餅は餅屋」などといいますが、やはりその車にクセがあればあるほど、専門により近い会社さんを狙うべきだと思いました。
世の中での平均的な価値と、好きな人から見た価値とは全然違うのだと思います。
やはりクルマの売却はネットの査定サイトが良いと思いました。
参照:車売却
このようなサイトで売却すれば良かったと反省。

白いビュート、次のオーナーさんに巡り合っていたらいいな、と、今も思っています。

駆け引きよりも、率直に話すのが最良の方法かも?

新車購入の際、割引交渉をしますが、値引き出来る範囲というのは営業マンや営業所によって決まっているのか、なかなか納得のいく金額は出ないのですが、一番値引きがしやすいのは下取り車がある場合ではないでしょうか?割引が限度までいった時、下取り価格に上乗せをして割引をする方が営業マンの方もやりやすいように感じます。
我が家の場合7年間乗ったプラドを下取りにし、アルファードやエルグランドクラスのミニバンの購入を考えていたのですが、買い替えたいのは主人で、私は全く興味がなく、出来るだけ車にお金は賭けたくないというのが本心でした。
ですから、実際車を見に行く事もせず、お金の計算だけしていました。

主人は車好きなので、数件のディーラーに足繁く通っては交渉です。
勝手に買うという暴挙に出る事は無いのでいいのですが、どこに行っても最終判断は妻なので・・・と言っていたようです。
ある営業マンの方が、私に説明をしようと自宅にやって来た事がありました。

私を説得しないと買ってもらえないと判断したのでしょう。
その時点で、こちらの希望金額とは20万の開きがありました。
あれこれ説明したそうな営業マンの方に、率直にというか率直すぎる話をしました。

車の説明はいらない、主人が気に入ったのなら別にいいということ。
私は車にこだわりは全く無く、どこのメーカーでもいいこと。
あとは全部主人に任せていて、予定額を1万でも超えたら車は諦めるという約束をしていることを伝えました。

すると、どうやら下取り車の価格を上乗せして、こちらの希望額になりました。
変な駆け引きをせず、率直にこちらの現状を話した事が良かったのかもしれません。

一目惚れして購入した思い出のクルマ

結婚時、夫婦2人でクルマ2台がいらないだろうという事で、泣く泣く私が乗っていたクルマを売りに出す事になりました。
当時私は、4枚ドアのいわゆるハードトップタイプのクルマに乗っていたのですが、内装やオーディオにもこだわり、自分で言うのも何ですが、とてもかっこよく仕上がった自慢のクルマでした。

このクルマとの出会いは、一冊の中古車雑誌でした。
ちょうどその時、クルマの入れ替えを考えていた私は、新車を買うか中古車を買うかで迷っていて、試しに買ってみた中古車雑誌に載っていたそのクルマに、半ば一目惚れをしたのです。

新車ではとても買えないような値段のクルマも、中古車だったら手が届きます。
すぐに取扱店に電話をし、3日後の日曜には現車を見に行って、即決していました。

そんな風に吸い寄せられるように買ったクルマは、このクルマが最初で最後だった気がします。
今でも、同じ型のクルマが街中を走っているのを見るとつい目で追ってしまいますが、家族が増え、暫くは自分の好きなクルマには乗れなそうな私なので、いつかもっと年を重ねた時にまた、自分の好きなクルマを自分の思い通りにスタイルアップして乗りたいなと夢を持っています。

愛着のある社用車が遂に

私が今の会社に入ってから、毎日のように乗っていた社用車がありました。
ライトバンタイプのもので、取引先に毎日乗って行き、必要書類等を受け取って事務所に持ち帰り、その書類をアルバイトさんたちに受渡していました。

そしてまた違う取引先にデータを貰いに乗って行っていたのです。
そして夕方、アルバイトさんたちの作業が終わり、必要書類は封筒数千通に封緘されます。

それを今度は郵便局に持って行き、郵便物として引き渡すのです。
毎日社用車は大活躍で、それがなければ業務が成り立たないほどでした。

しかし封入封緘の案件の契期が終了となり、社用車はいらなくなりました。
新しい車であればそのまま置いておいてもよかったのですが、もうかれこれ十年以上前の中古車で、走行距離も軽く10万キロを超えていました。

そして丁度車検が近づいていたという事で、その役目を終えて、眠りについたのです。
会社に入ってから二年ほど、毎日乗っていた車だっただけに、なにかとてもさみしい気持ちに襲われました。

自分のプライベートの車よりずっと乗っていたわけですから、愛着もわいていたのでしょう。

安全装備はできるだけ標準装備が良い

アメリカで後方確認用のカメラの搭載が2018年以降、義務づけられることになったそうです。
なんでも、後方確認カメラの義務化は世界初とのこと。

アメリカってこういう安全装置に関しては、義務化がかなり早いというイメージがあります。
それにアメリカだと大きい車が多いので、後ろが見にくそうですし、カメラはあったほうがいいですね。

そうはいっても、カメラがついたからといって無条件に事故が減る訳でもないし、カメラ越しでも見逃すことはあるでしょうから、あくまでも「見やすくなるだけ」ということに注意しておかないといけないですね。
以前、「カメラを付けたら駐車しやすくなりますか?」という意見もありましたけど、カメラ付けても運転がうまくなる訳ではないですからね。

最近はフロントバンパーの先頭にカメラを取り付けて一旦停止などで死角になるところを見せてくれるものもありますし、ドアミラーにカメラをつけて死角を見やすくしてくれるオプションもありますね。
こういうカメラって付けたくてもオプション設定がないと付けられないから、どうせだったらこういったカメラも全部標準装備にしてくれると助かります。

まぁ、コスト的に難しいのはわかりますから、少しくらい高くてもいいのでオプションで設定してほしいですね。

愛車を乗り換えた時の事

私は以前MPVに乗っていました。
中古車で購入したのですがとても気に入って乗っており、大切していました。

それは主人も同じで、MPVの前は軽自動車の乗っていたのですが、MPVのような大きな車になって最初は戸惑っていましが、やはり大きのは良いなと言って満足していました。
ですがある時、そのMPVを手放さなければいけなくなりました。

それは新築マンションに引越しをする事になり、そのマンションの駐車場の高さ制限でMPVが入らなかったからです。
本当はMPVのような背の高い車でも入るように駐車場が確保されているのですが、その場所は抽選になっていて、私達は外れてしまいました。

急遽近隣の駐車場を探したのですがそのマンションが駅から徒歩1分の所にあるので駐車場代も高く、空きも全くありませんでした。
ですがマンションの敷地内に背の高い車以外の駐車場の空きが再抽選するとの事を聞き、急ではあったのですが乗り換える事にしました。

ちょうど1ヶ月後に車検もあり、中古で購入していたので色々と直さないといけない部分も出てきそうだったので乗り換える事にしたのですが、抽選に外れなければきっと乗り続けていたので、本当に残念でした。
結局駐車場の再抽選には当たり駐車場を確保する事は出来たのですが、手放す時はとても辛かったです。

高さ制限の為もう二度とMPVに乗れないと思うと余計に辛く、乗り換える車を探す気にならなかったのですが、仕方がないと思い探しました。
最後にお別れをするのは寂しかったですが、MPVを乗れた事は本当に良かったと思っています。

今でも街中でMPVを見ると思い出し残念に思いますが、その分今の車も大切に乗っていこうと思ったので、今では良い思い出です。